鴨居玲

鴨居玲「月に叫ぶ」油彩3号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
鴨居玲「月に叫ぶ」油彩
作家名 鴨居玲
Rey KAMOY
タイトル 月に叫ぶ
技法 キャンバスに油彩
サイズ F3号
体裁 額装
制作年 1972年作
レゾネ
ED.
サイン サイン有
鑑定証書 鑑定書無し
備考
販売価格 売却済み
⇒ この作品へのお問い合わせ

鴨居玲「月に叫ぶ」油彩作品の買取価格査定

鴨居玲「月に叫ぶ」油彩作品を高価買取り致します。

査定は無料でオークション落札価格等の市場相場に基づき適正な買い取り金額をご提示します。
鴨居玲「月に叫ぶ」油彩作品の売却をお考えの方はお電話(03-6421-8750)または、買取価格査定フォームよりお気軽にご依頼ください。
鴨居玲の油絵・水彩作品の高額査定には自信があります。

買取価格査定フォームを開く


    買取価格査定は無料です。
    作品の情報をわかる範囲でご入力ください。

    ※不明な項目は空欄で結構です。

    作品の技法 【任意】

    体裁 【任意】

    サイン等の有無 【任意】

    売却希望時期 【任意】



    ※他社様からご提示された査定額がございましたらお知らせください。その価格が適切かお返事申し上げます。




    ※添付画像は5MBまでのjpg、gif、pig、pdf形式にてお送りください。
    ※追加や複数点ある場合はフォーム送信後に送られてくる送信確認メール記載のアドレスからもお送り頂けます。

    お客様情報をご入力ください。


    ※送信完了後こちらのメールアドレス宛に自動で送信確認メールをお送りします。もし送信確認メールが受信されない場合は、送信が完了していないか、アドレス間違え、迷惑メールフィルター等により弊社からのお返事も受信できない場合がございますので、お電話(03-6421-8750)までお問い合わせください。


    ※携帯電話などご連絡が取りやすいお電話番号をお願い致します。

     ↓郵便番号を入力すると住所の最初が自動入力されます。番地以下は任意でも結構です。

     同意する 【必須】
     ↑ 同意頂けましたらチェックを入れてください。

    ※データはSSL(Secure Sockets Layer)通信により暗号化して送信されます。

    鴨居玲 略歴詳細
    1928年 父悠、母茂代の次男として2月3日石川県金沢市に生にまれる。その後を京城(ソウル)大阪と転居し金沢へ戻る。(生年月日は1927年10月3日説があり、生地は大阪府高槻市説がある。また両親は長崎県の人間であり、鴨居自身の本籍も長崎県である。)
    1941年 金沢市現在の金沢高等学校に入学。
    1946年 金沢市立金沢美術工芸専門学校(現在の金沢美術工芸大学)に入学。宮本三郎に師事する。
    1948年 第2回二紀展にて初入選。
    1950年 二紀会同人に推挙される。
    1952年 芦屋・田中千代服装学園の講師となる。六甲洋画研究所で児玉幸雄、中西勝らと、後進の指導にあたる。
    1958年 神戸に居を移す。
    1959年 渡仏(1958年という説もある)。
    1961年 パリから帰国。二紀会を退会する。
    1964年 創作に行き詰まり、南米、パリ、ローマを渡り歩く。
    1965年 帰国。
    1967年 二紀会同人に推挙される。
    1968年 初の個展。この時、下着デザイナーの姉・鴨居羊子を通じて知り合った小説家・司馬遼太郎と親交をもつ。
    1969年 昭和会賞と「静止した刻(東京国立近代美術館蔵)」にて安井賞を受賞。
    1971年 スペイン・ラ・マンチャ地方のバルデペーニャスにアトリエを構え、制作に没頭(~74年)老人や酔っ払いに自身の姿を重ねる独自のスタイルを確立。この頃よりサインをRei Kamoiから、Rey Camoyに改めている。
    1974年 パリで個展。生活の拠点をスペインからフランスに移す。
    1977年 6年間の海外生活に区切りを付けて帰国。
    1979年 神戸新聞出版センターより「酔って候」を刊行。
    1980年 神戸市文化賞受賞。六甲山56キロ縦走。
    1982年 再び二紀会退会。このころから入退院を繰り返すようになる。
    1984年 金沢美術工芸大学の非常勤講師として講義。兵庫県文化賞。
    1985年 5月「鴨居玲画集 夢候」出版。9月7日神戸市の自宅で排ガスにより自殺。心臓の病気と、創作に行き詰まり(この時期は自画像をひたすら描いている)、たびたび自殺未遂を繰り返した末の死であった。享年57。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る

    最高水準での美術品買取価格査定

    ◎ お持ちの作品価値を高く評価し最高額査定には自信があります。

    ◎ 絵画・美術品に専門特化した深い知識と経験でお答え致します。

    ◎ 広告費・店舗維持費等のコストを抑えお客様の買取金額に還元します。

    ◎ もし買取値段にご満足いただけない場合はご遠慮なくお断りください。

    ◎ 法人、士業、リサイクル業者様からのお問合せもお待ちしております。

    買取価格査定フォーム